投稿日:

日々の営業日記~郡上編~

今日は郡上市でも35℃を記録!岐阜で注文住宅を建てるなら。夏が近づく青空の下、打合せ中のお客様のご案内をさせていただきました。今日は創業の地でもある郡上製材工場をご案内。ここでは実際のお客様の現場へ運ばれていく材料の加工過程や、原木の様子をご覧いただきます。元々社寺用材を扱っていた製材では、目利きのできる職人さんの技術で現場へ運ばれる材料を加工します。例えば窓枠。柱や梁のような大きな材料ではありませんが、窓枠が節だらけだったり、既製品の安っぽいものだったりすると、それだけで中の空間の良さは半減します。住まいは、どの家を見ても間取りは違えど同じように「なんか、いいね」なんです。その理由の一つはこういった細かい木材の質なんじゃないかな~と思います。昼食は会長夫婦の営む郡上の農園ここではホタルも見ることができます。昼食の後は無農薬の野菜を取りながら菜園を体験。新しいお住まいのイメージも持っていただきました。工事が始まるのはまだ少し先ですが、新しい暮らしが楽しみです。岐阜県岐阜市で木の家注文住宅を建てるなら、岐阜市の地域工務店にお任せください。製材屋出身で、木を扱ってきた歴史が違います。