投稿日:

実家をリフォームするという選択肢

あこがれの一軒家。あこがれのマイホーム。あこがれの新築一戸建て。でも、実際に家づくりをはじめてみると、土地が全然みつからなかったり、親の反対にあったりしますよね・・・。そんなときに実家の敷地を使えるとどんなによいことか!土地代がかからないというメリットがあるうえ、実家との関係性が良好ならば子どもを預けたりと仕事との両立もらくらく!なんてメリットもあります。そんなとき、選択肢は必ずしも新築でなくてもよいもの。実家をリフォームしちゃえばいいんです。たとえば60坪もあるご実家だった場合、建替えとなると今ではなかなかそんな大きな家を建てることはできません。狭くなるくらいだったら、構造を強化して、耐震性能・断熱性能を向上させて、間取りをいまの暮らしに合わせてつくりかえて、広々なマイホームをつくってしまうのも手です!(例)岐阜で実家リフォームした施工事例 まだ築年数も浅いご実家だったらなおさら、解体するのではなくてかたちは残しながら生まれ変わらせるのも素敵な方法ですよね!といっても、耐震の問題などは特に慎重にならなければいけませんから、業者選びはじっくり見極めないといけないので、しっかり知識をもって業者選びをしないと思わぬ落とし穴にはまることも…。お値打ちに憧れマイホームを手に入れるために、消費者も賢くならないといけませんね。